研究成果

不活性化ウイルス粒子に画期的な抗腫瘍作用を発見し、癌治療薬を目指した治験を実施中 2016.05.11.

我々は、日本で1950年代に発見されたセンダイウイルス(HVJ)の細胞融合活性に注目し、これを紫外線で不活性化した粒子に遺伝子や合成核酸を封入して培養細胞や生体組織への遺伝子や薬剤の導入法として用いることができるHVJ …

アルファ線内用療法-211Atを用いたミサイル療法- 2016.04.09.

我々はα線放射性核種211Atを用いたがんのα線内用療法の開発を目指している(図).内用療法とは放射線源を体内に投与し,体内からがんに放射線を照射する治療法で,現在までに,β線放出核種を利用した手法が実用化されている.α …