ターゲティング戦略と放射線医薬化

アルファ線内療法の実現のために

診断と物理的ターゲティング

PETイメージングによる
がん患部の特定
target01
新規PET核種62Zn、124Iを開発、
新規プローブ開発68Gaを用いた
生体分子イメージング法を開発
ウイルス様粒子等を担体とするアルファ放出核種
含有放射線医薬の腫瘍領域への仲人
target02
放射能比 がん組織:正常臓器 = 4:1を目指す

アルファ放出核種含有抗体(抗体によるターゲティング)

target03
世界最先端の生体分子標識化技術

新しいがんターゲティング分子の開発

target04
極めて簡便な生体分子複合化法を開発
世界最先端の生体分子複合体の合成技術
治療効果の検証
副作用の検証
周囲の被ばくの有無の検証
難治性がん(転移がん・がん幹細胞・膵臓がん・肝臓がん・脳腫瘍)への適応
大阪大学の実績:
ウイルス様粒子によるがんターゲティング(特許取得)
放射性核種の迅速標識化法の開発(特許取得)
PETによるがんイメージングに成功

関連施設へのリンク: